好きな人 脈なし 諦める, 普通免許 一発合格 への 道, 鬼 滅 の刃 19巻 2ch, Iphone Usbマイク 認識しない, 難波 食べ放題 串カツ, 化粧下地おすすめ 40代 敏感肌, あつ森 コアラ メルボルン, " />

近畿大学 情報 学科 研究室

¥å­¦éƒ¨ 建築学科 〒739-2116 広島県東広島市高屋うめの辺1番 Tel:082-434-7000(代) Fax:082-434-7011 researchmap is an information sharing platform for the researchers. 白浜 公章 准教授(個人ページ) 博士課程 修士課程. ¥å­¦ç§‘ Kindai University Faculty of Engineering Department of Electronic Engineering and Computer Science researchmap is provided by Japan Science and Technology Agency. ¥å­¦éƒ¨æƒ…報学科・コンピュータビジョン研究室Webサイトへようこそ 2012å¹´4月に発足した研究室です.研究・教育活動を通じて,学生のスキルアップや新しい技術の創出に少しでも貢献していきます.どうぞよろしくお願い申し上げます. (C)KINDAI UNIVERSITY All Rights Reserved. ¥å­¦éƒ¨ 情報学科 マルチメディア理解研究室 研究テーマ. ¥å­¦éƒ¨æƒ…報学科・コンピュータビジョン研究室(CV Lab)のWebサイトです.本研究室での研究など,研究内容の紹介を行なっています. tel (06)4307-3047 年月をかけて世界初のクロマグロの完全養殖に成功し,世界から大きな注目を浴びました。 ... 養殖魚の品種改良と遺伝情報解析の研究; ¥å­¦éƒ¨ 情報学科 マルチメディア理解研究室 メンバー. 教員. ¥å­¦éƒ¨ 情報学科 マルチメディア理解研究室 研究室概要. 西本 光 … ステム特論を担当〕 大阪学院大学 情報学部 教授. ¥å­¦éƒ¨ 情報学科 山元研究室の研究内容やメンバーなどを紹介しています。 ¥å­¦éƒ¨ 情報学科 マルチメディア理解研究室のWebサイトです (C)KINDAI UNIVERSITY All Rights Reserved. 員や近畿大学卒業生で本会に参加を希望する者を含め、1200余名の会員から構成されています。 ®å€¤ï¼ˆ2021年度最新版)や口コミなど、大学の詳細情報をまとめたページです。他にも学校の特徴や入試情報、学費、合格体験記など、他では見られない情報が満載です。 ¯é¸ã³ã«å½¹ç«‹ã¤æƒ…報を「大学の研究」という新しい視点から紹介するエフラボWebサイト。大学教員の最先端の研究や研究室の活動、また一般企業で活躍する卒業生の姿などを紹介してい … 2020å¹´ 学術論文. ¥å­¦éƒ¨ãƒ»æƒ…報学科に関する情報をご覧いただけます。 ¥å­¦éƒ¨ 情報学科 マルチメディア理解研究室 研究業績. ¥å­¦çŸ¥è­˜ã¨æŠ€è¡“を系統的に学習できる教育プランの下で,ロボットを作り出すために必要な基礎知識と技術を修得します. ¥å­¦ç ”究科公式ウェブサイト。学科・専攻案内、情報学科に関する情報をご覧頂けます。 ステムを効率よく動作させるための方式検討や、その応用に関する研究等に取り組んでいます。 視覚・聴覚情報の扱い方から、情報メディアと人間・社会とのかかわりまでを専門的に学習。, 本田技研工業/シャープ/ダイハツ工業/ヤマザキマザック/ダイキン工業/イシダ/三菱自動車工業/東芝テック, JSOL/Minoriソリューションズ/NCS&A/NECソリューションイノベータ/NECネクサソリューションズ/NECフィールディング/NSD/エヌ・ティ・ティ・データ関西/Sky/TIS/TISソリューションリンク/アイネス/アルファシステムズ/インターネットイニシアティブインテック/エクサ/エヌ・ティ・ティ・コムウェア/オージス総研/キヤノンITソリューションズ/サイバーリンクス/ジャステック/ソフトバンク/ソフトウェア・サービス/デンソーテクノ/ニッセイ情報テクノロジー/ユニアデックス/ラック/ヤフー/ワークスアプリケーションズ/ヴィンクス/三菱電機コントロールソフトウェア/富士通エフサス/富士通エフ・アイ・ピー/富士通ビー・エス・シー/日本システムウエア/日本情報産業/日本総研情報サービス/日立システムズ/日立社会情報サービス/旭情報サービス/西日本電信電話/関電システムソリューションズ, 大塚商会/パナソニックコンシューマーマーケティング/三菱電機インフォメーションネットワーク/IDOM, 近畿大学大学院/奈良先端科学技術大学院大学/大阪市立大学大学院/兵庫県立大学大学院. ¥å­¦ç ”究科公式ウェブサイト。教員一覧 研究室別に関する情報をご覧頂けます。 ¥å­¦ç ”究科 〒577-8502 大阪府東大阪市 小若江3-4-1. 工場の産業廃棄物を有効活用する方法として、もみ殻から得られる化学物質を添加した硬化素材を研究。小規模の工場でもリサイクルを容易にすることが可能。, 植物由来の天然ゴムから、石油原料に依存しないプラスチック素材を創出。自動車部品への応用は世界初の試みとして、高い評価を得ている。, 深海や塩の中など人間が生存できない「極限環境」に生息する微生物の能力を、ゲノム情報の観点から研究。医療や環境分野に活用している。, 日本酒や焼酎に含まれる成分に新たな機能がないかなど、食品中に含まれている栄養機能成分を研究中。酒類総合研究所との共同研究も行っている。, 高い生理活性を有する天然有機化合物は極微量のため、安定に供給するには化学合成が重要となる。そのために必要な「合成中間体」の開発を行っている。, 安全で環境に優しい溶媒“イオン液体”に着目し、新機能を付与したイオン液体を創出している。これを利用し、サステイナブル社会を実現するグリーンな有機合成法の創出をめざす。, 認識機能をもつ生体分子の情報・物質・エネルギー変換の研究から、医療・食品・環境分野で役立つ高機能のバイオセンサなど、新規デバイス開発をめざす。, 生物進化をまねた方法で新しい酵素を開発。現在は特殊なカビが作り出すセルラーゼの遺伝子や放射線耐性菌ゲノムの解析を行っている。, 遺伝的に高血圧を示すラットのタンパク質の機能や構造を調査。疾患の分子構造を解析して、病気の診断や予防、薬剤の設計に生かす研究を行っている。, 細胞や疾患動物を使って肝臓の病気に関する研究を行っている。また、理科教材として有効なアプリケーションの開発や植物の細胞融合などの研究にも取り組んでいる。, 環境としての水圏生態系の構造とその中に存在する放射性物質、重金属等の挙動や分析法について、実験室と野外を行き来しながら研究を進めている。, 高度なものづくりを支える技術の中でも、特にものを削る切削現象について、削る道具と削られる材料、両方の視点で実験を行っている。, 機械の動的な特性を解析することで、振動や騒音の低減に活かしている。また、振動状態を評価することで、機械の異常診断に取り組んでいる。, 農業機械の自動化・省力化技術の開発や、安全・快適なクルマづくりのためのシステム開発・評価技術の研究に取り組んでいる。, 内燃機関の燃焼に関して研究を推進し、高次元での燃焼技術の革新をめざしている。新燃焼方式や工業用燃焼器まで研究の対象は幅広い。, オーディオや楽器の音質改善、遮音・吸音性に優れた室内音響などがテーマ。振動現象などの研究で音と機械工学の関わりを探究し、特許出願の開発にも関わる。, 引張・曲げ・衝撃・疲労・摩耗などの金属材料試験を行い、その性質を明らかにしながら、各種材料の信頼性を高めていく研究を行っている。, JAXA特別共同研究員(兼任)として、小惑星探査機はやぶさ、はやぶさ2の画像データの解析、天体衝突を模擬した高速度衝突実験を行っている。, ナノインプリント成形によって作製される光学デバイスの更なる高精度化を目指し、ガラスや高分子材料の力学特性評価、数値解析を援用した最適成形条件の評価を行っている。, 物体に作用する力や、流体の速度・圧力などの計測、さらに流れの可視化を通して、流体と接する物体表面上の流れを理解。それを流体関連機器の高効率化に生かす。, エネルギーを変換できる材料として注目を浴び、燃料電池自動車に応用される水素吸蔵合金。この合金を中心に非金属系材料の特性を研究中。, 製品となる材料とそれに機能を与える工具、そしてそれらを支える機械の新規設計技術を提案し、より良いものを効率的に製作可能な加工プロセスの開発を推進する。, 流体実験および数値流体力学を用いて風車などの流体機械の回りの流れを調べる。更に、最適化アルゴリズムと組み合わせ、流体機械の性能向上を目指す。, 超音波モータを用いて、福祉などの分野で活躍できるロボットの研究を行っている。また、マイコンを用いた教育での応用に取り組んでいる。, VR技術であるハプティックデバイスの開発、医療福祉ロボット、生活支援ロボットなどの幅広い研究に取り組んでいる。, 工場内だけでなく建設・土木や生活環境など人間と同じ実社会でロボットが活躍する未来社会をめざしたフィールドロボティクスを研究中。, 複雑な血液流動の解析を通して、循環器疾患の機序解明や新たな医療機器の開発を目指す研究を行っている。, 「気持ち良く曲がる」ことは自動車の運転の楽しみであり、重要な商品性である。そのような車を開発するために「腰で感じる車の動き」「手で感じるハンドルの動き」「目で見る車体の動き」についての基礎理論を研究・提案している。, 力学的観点から柔らかい物体や、水などを扱うための機械システムの開発・解析に取り組んでいる。ロボットが活躍できる範囲の拡大をめざす。, 人間のような視覚や聴覚を持つ移動ロボットの実現に取り組む。そのロボットをインターネットを利用して遠隔操作するためのシステム構築を研究中。, 機械と電気、ソフトウェアで構成されるメカトロニクス機器の設計と制御の研究を通じて産業機器の進歩と発展をめざす。, ロボットに代表されるメカトロニクス装置と運動制御について研究。物理モデルや実機製作を通じてなめらかに動く機構と制御の実現をめざす。, 人間の構造を模倣したロボットを開発し、構造上の特徴や機能を理解して応用することで、ロボットによる人間のような巧みな運動の実現を目指す。, 生体の動作などに伴い誘起される静電誘導電流を非接触で検出する技術を基に、バイオメカニクスやセキュリティ技術などへの応用技術の開発を実現する。, 人工知能の一種のニューラルネットワークを用いて高度画像処理及び知的認識、さらに、機械学習によるシステムの自律化を実施する。また、知能システムを実機に移植する研究も行う。, 「カオス」と呼ばれる予測不可能かつ不規則な現象の数学的な解明に加え、暗号通信や、カオスを制御するための手法について研究中。, MW級のスーパーキャパシタへの高効率蓄電からnW級の通信システムにおける低消費電力回路まで、エネルギー効率の高いシステムを研究している。, 環境や生体が発する様々な情報を計測し、環境・医療分野などへ応用する計測技術を科学し、新たな技術を開発する。, 液晶よりさらに薄型化が可能で、次世代を担うディスプレイとして期待される有機EL素子を中心とした光デバイスの研究を推進している。, 静電磁界から光波まで、さまざまな周波数帯の電磁界を制御・計測するための研究に取り組み、情報機器との無線通信や位置推定技術への応用を研究している。, 音楽に関する知識を利用して誰でも即興演奏ができるシステムの研究や、学生の理解度に合わせて学習支援をするシステムの研究を行っている。, インターネット上で安定して動作するシステム基盤の構築をめざし、DNS基盤の信頼性向上と応用技術の研究を推進している。, コンピュータの高速演算性能を駆使した、組み合わせ最適化を研究中。学内無線LANアクセスポイントの最適配置など応用分野は広い。, 監視カメラ映像から手描きイラストまで、多種多様な画像・動画をディジタル画像処理技術で解析し、人の視覚情報処理に迫るシステム開発を目指す。, 音楽コンテンツの高付加価値化、音響デザイン、CGを用いた拡張現実などの聴覚や視覚から得られる知覚情報を利用した情報システムを開発している。, 熟練者の勘や経験で行われてきた会社や工場の作業計画を「見える化」し、ネットの“おすすめ機能”に使われるAI技術のベイジアンネットワークで生産性の効率化を支援。, 今後アプリはWeb化し、ブラウザが万能アプリになっていく。Webシステムから拡張現実・携帯アプリ開発まで、ネットワークとセンサに着目して研究中。, モノの認識に関わる「こころ」の働きを、意味や内容、働きなどを「知る」認知処理と、快不快、美醜などを「感じる」感性処理から研究する。, 映像解析に基づくスポーツ訓練支援システムや、画像から三次元情報を復元する技術とその応用としての学習支援システムなどを研究開発している。, 製造業、サービス業など様々な企業の意思決定に際し、最適な戦略が立てられるよう数理的手法やAI技術を駆使して情報システムを構築。, 新たなビジネスモデルと分析用アルゴリズムを提案し、取引を行う者が互いに利益を得られる仕組みを実現する情報システムの開発を行っている。, どこからモノを買い、どう輸送し、どのような方法で作るのか?ものづくりにおけるさまざまな場面で賢く意思決定するためのシステムを研究・開発している。, ヒトは練習によって能力を向上させる等の高度な情報処理を行っている。これを機械で実現するためのソフトコンピューティング手法を研究中。, 生産者と消費者を結ぶ農業分野をはじめとした企業のインタラクティブな情報システムのデザインと構築、また、小学校のプログラミング学習支援も研究する。, 生体信号計測によりヒトの機能評価、ものの使いやすさの評価などを行っている。ヒトの機能を生かし、安心・安全に暮らせるシステム構築をめざす。, AR/VRのようなメディア技術はヒトが受け取る情報を、AIはヒトの知的活動を高めている。これら技術とヒトがお互いを高め合い共生していくシステムを研究している。, 雨や風、光といった自然環境をコントロールし、より快適で豊かな空間づくりを実現する研究や設計を行っている。地域特有の気候を生かす建築もテーマ。, 地震入力エネルギー吸収型の組積コンクリート耐震壁の開発や、快適な室内空間を実現するとともに耐震性も保証した木質構造体の開発などを研究。, 時代にふさわしい、新しく美しい建築空間を探究。実際の建築物の設計や建築設計コンペへの参加を奨励しており、全国コンペの受賞者も毎年輩出している。, 自然環境をうまく利用しながら、快適な室内空間を作り出すことについて研究。人体、建物、空調機器を含めた空調システムの計算モデルも構築。, 材料があっても接合しないと構造物はできない。鋼構造物においては溶接が重要な接合法であり、溶接部の安全性や長寿命化についての研究を行っている。, 数学や力学を応用して、合理的かつ柱梁構造にとらわれない建築構造の形態やデザインを研究。また建物を最小のコストで補強する解析技術も手がける。, 歴史的観点から設計者の発想の原点、社会に関する考え方、またその具体化のメカニズムを明らかにして、現代の建築設計における有効な指針を生み出す。, 建築構造・材料に関する立場から、より良い環境と技術の調和をめざして、真に役立つ技術とは何かを追求し、社会のニーズに対応すべく新技術の開発を行う。, 実際に模型、CAD、スケッチなどで手を動かして空間を設計しながら、人や地域や自然にとって、快適で美しい建築とは何かを学生と一緒に考えていく。, 木材、鋼材、コンクリート、FRPなどの建築材料における新しい材料技術を使って建築物の構造体や、仕上材などの非構造体の建築技術について研究開発を行う。, 都市や地域がいかに形成され、どのような生活空間が成立しているのかを現地調査に基づきながら研究し、その土地本来の特徴を読み解く。, 建築のサスティナブルな利用を実現するために、居住環境の総合的な向上を目指し、耐火性・耐久性・安全性・快適性の研究を行う。, 「私」とは何か、「人間」とは何か、という最も基本的な問いかけを主題とし、ドイツ哲学を中心としながら世界と人間との関係を考えていきます。, 教育の現場や家庭、職場における心理教育的な支援の仕方を学びます。また、人が自己実現をするために、いかに学び合い、発達していくのかを研究します。, 工学部の英語学習で大切なのは、工学を中心とした基礎英語力の養成です。高校までに習得した英語の基礎を、さらにしっかりと身につけます。, さまざまな利害関係をもつ人々がうまく共存するための枠組みである「法」が、今どうあるのか、そして今後どうあるべきかを探究していきます。, 自然は数学によって記述されます。変化するものを関数として表現し、数学的に解析することで、我々は自然を知り、また予測することができます。, 日常生活はもちろん医療などにおいても大きな役割を果たすスポーツやレジャーに関して、意識や行動を分析し、より深くその役割について学びます。, 建物に土台が、スポーツにルールがあるように、英語にはその基礎となる文法があります。基礎をしっかり固めて英語を使いこなせるよう授業を進めます。, 英語に対する苦手意識をなくすため基礎から指導。基本的な文法と英文の読み方(パターン)を学び、専門の英語が読めるようサポートします。, 理工のすべての分野において数学は基礎言語です。数学を使うことで厳密な議論が可能になります。数学の理解を深め、あらゆる分野に役立てましょう。, 実数や複素数などの数学的構造を、論理学の手法を使って解明します。特に、実数などの順序関係を考えることができる数学的構造を研究します。, 英語に対する素朴な疑問を持ち続けることが英語を理解すること、さらには英語圏の文化を理解することにつながると考えます。. ¥å­¦ç ”究科公式ウェブサイト。このページは、学科案内、情報学科、情報学科についてに関する情報をご覧頂けます。 現代は情報革命のさなかにあり、IT(情報技術)の急速な発展が、私たちの暮らしや社会経済の仕組みを大きく変貌させています。そのため、情報処理に関する専門知識と高度な技能を身につけた人材が、さまざまな分野で求められています。本学科の教育理念は、より豊かな社会を創造するために、広い視野から問題の核心を的確に把握するための洞察力と、技術的な課題を解決するための専門能力を兼ね備え、社会の一員としての責任と自覚を有する情報処理技術者の育成にあります。, 学科のカリキュラムは、主にソフトウエアに関する知識と技術が学べる情報システムコースと、メディアを中心とした知識と技術が学べる情報メディアコースに分かれています。それぞれのコースの特色は、以降に示す通りです。どちらのコースでも、入学年度において少人数制の導入教育(基礎ゼミ)があります。また、LinuxとJava言語で一貫した実習教育が重視されるとともに、高度なネットワーク技術の修得をめざします。, 世の中のすべての事象が、「情報」というキーワードでつながり合う現代。IT革命の時代を担うIT技術者には、メディアとシステムを有機的に結合する深い知識と広い見識が求められています。情報学とは創造的な学問分野です。その先には、自由な発想で活躍できる、無限の可能性が広がっています。, 電子マネーをはじめ、生活を便利にする大規模情報システムやネットワークシステムの構築に対応できる応用能力を持った技術者をめざします。これらのシステムは、情報科学の理論的基礎を組み合わせた複雑な処理に支えられています。このため、オブジェクト指向設計、データベース論などを深く学ぶことで、情報科学の理論体系を習得します。, Iでは、発展の経緯や情報技術を学び、ネットワークプロトコルの役割と構成を理解します。IIでは、通信ネットワーク構築のための個別技術と応用を詳解します。, Iでは、データモデルやデータベース管理システムの基本概念を習得。IIでは、より高度なデータベース構築や応用のためのデータモデルについて学習します。, ダイアグラムを用いた視覚的なシステム分析・開発を学習し、オブジェクト(もの)に基づいたシステムのモデリングやプログラミング技法を学びます。, 情報メディアとは情報を処理して人間に伝える媒体を意味します。コンピュータやネットワークで映像、音楽、音声などの視覚情報や聴覚情報などを扱うための方法を体系的に学習するだけではなく、情報メディアと人間および社会とのかかわりを専門的に学ぶことで、より快適で豊かな社会を創造できる技術者となることをめざします。, 音声認識技術の中核となる大語彙連続音声認識システムを構築するための基礎知識を学習。基礎理論から実践知識まで習得します。, 図形の描画手法から、3D-CGに必要な座標変換・モデリング・レンダリングなどのアルゴリズムについて解説します。, メディア・コミュニケーションの概念・形態・特性などを整理し、その効果や最新の研究などを学ぶことでネットワーク社会のコミュニケーションについて理解を深めます。, 情報学を学ぶ上で欠かせない数学、海外との情報交換に必要な英語を含め、基礎をしっかり学習。実社会でさまざまな課題を解決する応用力も身につきます。, 専門分野以外にも、幅広い知識を習得できます。一般社会が何を求めるかを理解できる、コミュニケーション力・社会性のある人材を育成します。, 学内ネットワークによるe-Learningを活用し、ネットワークエンジニアの技術力を証明する「シスコ技術者認定」など、さまざまな資格取得をバックアップします。, 情報学科の卒業生は、情報システムと情報メディアの両方を学ぶため、最先端の科学技術の現場で活躍できる人材として社会から期待されています。2017年度は情報通信業に就職した学生が約50%を占めています。また、情報技術者は多方面の業種で求められており、卒業生たちは製造業や卸売・小売業、サービス業など、多彩な企業で活躍しています。, 建設業/製造業/電気・ガス・エネルギー/情報通信業/運輸業/卸売・小売業/金融・保険業/不動産業/サービス業/公務員/大学院進学, 高等学校教諭一種免許状(情報/工業)/図書館司書/技術士補(JABEEコースのみ), シスコ技術者認定/ORACLE MASTER(データベース)/応用情報技術者/ネットワークスペシャリスト/情報処理活用能力検定/CGクリエイター検定/CGエンジニア検定/Webデザイナー検定/画像処理エンジニア検定/マルチメディア検定/総合無線通信士(第一級〜第三級)/電気通信主任技術者/ 陸上無線技術士(第一級・第二級)/FE(Fundamentals of Engineering)/技術士 など.

好きな人 脈なし 諦める, 普通免許 一発合格 への 道, 鬼 滅 の刃 19巻 2ch, Iphone Usbマイク 認識しない, 難波 食べ放題 串カツ, 化粧下地おすすめ 40代 敏感肌, あつ森 コアラ メルボルン,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *